交野市 訪問リハビリマッサージHOME > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

中枢神経が通っている脊柱管の横断面積が狭くなり、
神経や神経根圧迫の症状をきたす病態の総称。頚部と腰部に多い。

主な症状

頚部から肩、上肢の疼痛、しびれ。腰下肢痛、しびれ、
冷感、違和感など。

腰部脊柱管狭窄症の場合、
歩行障害や間欠性跛行(休み休みの歩行)が約半数にみられる。
歩行を中断し、前かがみ、しゃがみ込みといった姿勢をとることで、
すみやかに改善(一時的)する特徴がある。

脊柱管狭窄症のリハビリ

マッサージ・手技療法による疼痛の緩和。
狭窄部位が神経を圧迫しないような状態に姿勢を改善。

訪問リハビリマッサージ晴 樋口治療室
〒576-0061
大阪府交野市東倉治5丁目5-16
営業時間 9:00~21:00

※施術中、移動中の場合、電話に出ることができない場合がありますので、留守番電話にメッセージ(お名前、連絡先、ご用件)を残していただければ、のちほどお電話させていただきます。

 
 
Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by Cloud template